Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
垂直焼成炉及びそれを使用した焼成方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2006135042
Kind Code:
A1
Abstract:
被焼成材料を焼成容器等に入れることなく被焼成材料の汚染の恐れが極めて低い焼成炉を提供すること。装置の構成が簡易であり、消費電力が少なく、均一な焼成が可能な焼成炉を提供すること。垂直に設置されたチューブと、該チューブの周囲に配置された加熱源と、前記チューブの上方に配置されて被焼成材料を前記チューブ内に落下させる被焼成材料投入装置と、前記チューブの上端部から雰囲気ガスを投入する雰囲気ガス投入装置と、前記チューブの下端部から雰囲気ガスを含む排気ガスを引出し、冷却して排気する排気装置とを有することを特徴とする垂直焼成炉。

Inventors:
Hiroshi Ueda
Atsushi Neutral
Application Number:
JP2007521356A
Publication Date:
January 08, 2009
Filing Date:
June 16, 2006
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Tokai High Temperature Industry Co., Ltd.
International Classes:
F27B5/04; C04B35/46; C04B35/64; F27B5/06; F27D7/02; F27D11/02
Domestic Patent References:
JPH063050A1994-01-11
JPS61216728A1986-09-26
Attorney, Agent or Firm:
Sadao Kumakura
Fumiaki Otsuka
Shishido Kaichi
Murasha Atsuo
Teshimaru Ken
Ino Sato