Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
反射体および当該反射体を備えた装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2007023691
Kind Code:
A1
Abstract:
反射板72は、電熱線71からの赤外線を反射してヒータ70の外部に取り出すために設けられており、たとえばスチール製である。反射板72の表面にはキャビティ73が形成されている。このキャビティ73のアスペクト比が0.17以上0.7以下の範囲に設定されているため、キャビティを設けない反射体よりも、赤外線の反射率を向上させることができる。

Inventors:
坂上 美香
木本 光彦
大久保 和明
金子 由利子
Application Number:
JP2006554384A
Publication Date:
March 26, 2009
Filing Date:
August 10, 2006
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
パナソニック株式会社
International Classes:
G02B5/08; F27B17/00; F27D1/00; F27D11/02
Attorney, Agent or Firm:
奥田 誠司



 
Previous Patent: リブ編地とその編成方法

Next Patent: CYLINDER LOCK