Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
新規含フッ素ビニルエーテル化合物およびその製造法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2012035942
Kind Code:
A1
Abstract:
含フッ素アルコール CnF2n+1(CH2CF2)a(CF2CF2)b(CH2CH2)cOH(nは1〜6の整数であり、aは1〜4の整数であり、bは1〜3の整数であり、cは1〜3の整数である)と2-ハロエチルビニルエーテル XCH2CH2OCH=CH2とを、パラジウム系触媒および脂肪族アミンの存在下で、脱XCH2CH2OH化反応させ、含フッ素ビニルエーテル化合物 CnF2n+1(CH2CF2)a(CF2CF2)b(CH2CH2)cOCH=CH2を製造する。この含フッ素ビニルエーテル化合物は、生体蓄積性が低いといわれている炭素数6以下のパーフルオロアルキル基を有する。

Inventors:
村上 総一郎
小金 敬介
村田 清一郎
Application Number:
JP2012533929A
Publication Date:
February 03, 2014
Filing Date:
August 24, 2011
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ユニマテック株式会社
International Classes:
C07C43/17; C07C41/16
Attorney, Agent or Firm:
吉田 俊夫
吉田 和子