Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
油圧制御装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2012085998
Kind Code:
A1
Abstract:
圧油に空気が混入した場合における再始動時の過渡的な油圧応答遅れを防止できる油圧制御装置を提供する。圧油が供給されることにより所定の動作を行う油圧室に、供給用バルブを開いて油圧源から圧油を供給するように構成された油圧制御装置において、供給用バルブを閉じた停止期間中における油圧に対する空気の混入量を推定する推定手段(ステップS2)と、供給用バルブを再度開いて油圧室への圧油の供給を再度行う際に油圧室に供給する圧油の量を推定手段による推定結果に基づいて補正する補正手段(ステップS3,S14)とを備えている。

Inventors:
Kimura
Yuhito Hattori
Tomoichi Inagawa
Takafumi Inagaki
Application Number:
JP2012549501A
Publication Date:
May 22, 2014
Filing Date:
December 20, 2010
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA
International Classes:
F16H61/02; F16H61/662
Domestic Patent References:
JPH02261968A1990-10-24
JP2002364743A2002-12-18
JP2006283809A2006-10-19
JPH11125330A1999-05-11
JPH08166058A1996-06-25
Attorney, Agent or Firm:
Watanabe strong