Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
可燃性ガス検出装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2012108500
Kind Code:
A1
Abstract:
可燃性ガス検出装置は、発熱抵抗体が予め設定された二つの設定温度にそれぞれ対応する各抵抗値となるように、発熱抵抗体の通電状態を一定の周期時間毎に切り替える制御を行う通電制御回路と、発熱抵抗体と同一の基板上に配置されて環境温度の変化により抵抗値が変化する側温抵抗体とを備え、発熱抵抗体への通電時に検出される発熱抵抗体の両端電圧と、測温抵抗体の抵抗値が変化することにより生じる電圧変化に基づく環境温度とを用いて、可燃性ガスの濃度を演算するガス濃度演算部と、を備えており、周期時間は、通電制御回路が発熱抵抗体の通電状態を切り替えることによって生じる環境温度の変化分が0.5℃の範囲内となる時間に予め設定されている。

Inventors:
Masaya Watanabe
Shoji Kitanoya
Daisuke Ichikawa
Masahiro Yamashita
Application Number:
JP2012535515A
Publication Date:
July 03, 2014
Filing Date:
February 09, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Nippon Special Ceramics Co., Ltd.
International Classes:
G01N27/18; G01N25/18
Domestic Patent References:
JP2006010670A2006-01-12
JP2004286492A2004-10-14
JPH10197305A1998-07-31
JP2001264279A2001-09-26
JPH063312A1994-01-11
Attorney, Agent or Firm:
Nagoya International Patent Service Corporation