Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
焼結蛍光体、発光装置、照明装置、車両前照灯、及び焼結蛍光体の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016117623
Kind Code:
A1
Abstract:
高耐熱性、高熱伝導性、高輝度、高変換効率を有するLED用焼結蛍光体を提供する。また、当該焼結蛍光体を用いた発光装置、並びに、当該発光装置を用いた照明装置及び車両用前照灯を提供する。焼結蛍光体は、窒化物蛍光体、及びフッ化物無機バインダを含む焼結蛍光体である。波長が450nmの青色光で励起した時の焼結蛍光体の内部量子効率が、60%以上であることが好ましい。さらには、波長700nmにおける透過率が20%以上であることが好ましい。

Inventors:
Asami Haruhiro
Yukihiro Miyamoto
Soma Minoru
Katsumoto Sakusei
Kentaro Horibe
Application Number:
JP2016570689A
Publication Date:
December 28, 2017
Filing Date:
January 20, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Mitsubishi Chemical Co., Ltd.
International Classes:
C09K11/00; C09K11/02; C09K11/08; C09K11/64; C09K11/79; F21S2/00; F21S8/10; F21V9/16; H01L33/50
Domestic Patent References:
JP2008060428A2008-03-13
JP2008053545A2008-03-06
JP2009091546A2009-04-30
JP2004161871A2004-06-10
JP2010525092A2010-07-22
Attorney, Agent or Firm:
Yoshiyuki Kawaguchi
Daisuke Takada
Shinichi Sanuki
Takeshi Niwa
Toshiaki Shimoda