Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
配位子化合物、並びにそれを用いた単孔性若しくは多孔性配位高分子
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016143876
Kind Code:
A1
Abstract:
当該MOPを製造可能な配位子化合物を用いた物質分離膜(特にガス分離膜)も提供する。2価以上の金属イオンと、一般式(3):[式中、mは1〜3の整数を示す。X1は硫黄原子、酸素原子、窒素原子、炭素原子、置換されていてもよい芳香族炭化水素基又は置換されていてもよい複素芳香族基を示す。X2は単結合又は2価の連結基を示す。R1は、水素原子、又は置換されていてもよいアルキル基を示す。mが2以上の場合、R1は同一でも異なっていてもよい。R2はで表される基を示す。Yは芳香族炭化水素環又は複素芳香環を示す。Zは同一又は異なって、置換されていてもよいエチレン鎖を示す。nは5〜20000の整数を示す。]で表される有機配位子とを含有し、且つ、該金属イオンと該有機配位子とが交互に配位結合されている、単孔性又は多孔性配位高分子は、高分子マトリクスを使用せずともフィルム化ができ、溶媒可溶性及び成形加工性を付与することができる。

Inventors:
Susumu Kitagawa
Ryotaro Matsuda
Nobuhiko Hosono
Application Number:
JP2017505410A
Publication Date:
December 28, 2017
Filing Date:
March 10, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Kyoto University
International Classes:
C07C327/36; C07C329/00; C07C333/20; C08F2/44
Attorney, Agent or Firm:
Patent Business Corporation Saegusa International Patent Office