Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラム
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017199325
Kind Code:
A1
Abstract:
絶対位置判定部(104)は、絶対座標系での撮影装置(14)の位置及び姿勢である絶対位置姿勢が推定される度に、絶対位置姿勢の推定の成否を判定し、推定の成功を判定した場合に、絶対位置記憶部(108)に、推定の成功を判定した絶対位置姿勢を格納する。位置融合部(113)は、相対座標系での撮影装置(14)の位置及び姿勢である相対位置姿勢が推定される度に、絶対位置記憶部(18)に記憶されている絶対位置姿勢と、推定された相対位置姿勢とを足し合わせる。位置選択部(109)は、絶対位置判定部(104)により絶対位置姿勢の推定の成功が判定された場合に、絶対位置記憶部(108)に記憶されている絶対位置姿勢を選択し、絶対位置判定部(104)により絶対位置姿勢の推定の失敗が判定された場合に、位置融合部(113)による足し合わせにより得られた融合位置姿勢を選択する。

Inventors:
加島 隆博
Application Number:
JP2018511185A
Publication Date:
July 19, 2018
Filing Date:
May 17, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三菱電機株式会社
International Classes:
G06T19/00; G06T7/70
Attorney, Agent or Firm:
溝井国際特許業務法人