Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
アルミナ結晶及びその製法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018179240
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明のアルミナ結晶は、単結晶様のアルミナ結晶であって、面積が25mm2以上の結晶面を含み、前記結晶面における異物の面積比率が10%以下であり、前記アルミナ結晶のうち前記異物を除く領域にFを10〜300atppm含み、Mgを10〜250atppm含む。

Inventors:
大河内 聡太
渡邊 守道
吉川 潤
七瀧 努
Application Number:
JP2019508024A
Publication Date:
November 07, 2019
Filing Date:
March 30, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
日本碍子株式会社
International Classes:
C30B29/20; C30B1/12
Domestic Patent References:
JP2008100859A2008-05-01
JP2011207743A2011-10-20
Foreign References:
WO2016182011A12016-11-17
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人アイテック国際特許事務所



 
Previous Patent: NMPの蒸留装置

Next Patent: シリンダ装置