Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
切削チップ、切削工具及び加工装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2019021410
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明に係る切削チップは、主軸部の外周面から第1方向へ突出するように該主軸部に設けられ、被切削物の内周面に溝を切削する際に用いられる切削チップであって、当該切削チップは、前記第1方向に積層された複数の刃部を有し、前記刃部のそれぞれは、前記第1方向と垂直な方向である第2方向の端部のうちの一方の端部である第1端部と、前記第2方向の端部のうちの他方の端部である第2端部と、前記第1端部に設けられ、前記被切削物を切削する切削刃と、を備え、前記第1方向に隣接する2つの前記刃部を比較した際、前記主軸部から遠い側となる前記刃部の前記第1端部に設けられた前記切削刃の先端は、前記主軸部に近い側となる前記刃部の前記第1端部に設けられた前記切削刃の先端よりも、前記第2端部側に配置される構成となっている。

Inventors:
花岡 幸司
朴木 継雄
Application Number:
JP2019532284A
Publication Date:
February 27, 2020
Filing Date:
July 27, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三菱電機株式会社
International Classes:
B23B27/02; B23B5/48; B23B27/04
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人きさ特許商標事務所



 
Previous Patent: 照明装置

Next Patent: 丸形LEDランプ