Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
カテーテルの製造方法、およびカテーテル
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2019124052
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、遠位端部に鋭利な部分が残りにくいカテーテルの製造方法およびカテーテルを提供する。遠位端と近位端を有するカテーテル(1)の製造方法であって、筒状部材(2)の内腔に第1芯材(15)を配置する工程と、筒状部材(2)を第1金型内に配置する第1工程と、筒状部材(2)の遠位側にバリ(5)を形成するバリ形成工程とを有する。上記製造方法において、バリ形成工程において筒状部材(2)の遠位側に形成されたバリ(5)を第2金型(20)内で溶融する第2工程を有することが好ましい。

Inventors:
Keita Kuroda
Takuro Eda
Yohei Kurose
Tatsuyuki Maeda
Application Number:
JP2019560934A
Publication Date:
January 14, 2021
Filing Date:
December 04, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Kaneka Corporation
International Classes:
A61M25/00; B29C57/00
Domestic Patent References:
JPH10192408A1998-07-28
JPH10201848A1998-08-04
JP2006136631A2006-06-01
JP2014213499A2014-11-17
JPS5949920A1984-03-22
Attorney, Agent or Firm:
Asfi International Patent Office