Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
磁気式動力伝達構造体
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2020085162
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明の一側面に係る磁気式動力伝達構造体は、軸方向に沿って延びるシャフト部材と、軸方向に貫通する中空部及び内周面を有する筒状部材であって、中空部にシャフト部材が挿入される、筒状部材と、を備える。シャフト部材の外周面には、径方向外側に突出する突条であって、軸周りに螺旋状に形成された突条が設けられる。筒状部材の内周面には、径方向内側に突出する凸部を含む凸ユニットと、凸ユニットと軸周りに隣り合うように配置され、突条と対面する第1面及び前記第1面に対向する第2面を含む磁石と、が設けられる。磁石の第1面は、第1の磁極に着磁され、磁石の第2面は、第1の磁極とは反対の第2の磁極に着磁される。

Inventors:
Yoshihiro Nakada
Hiroshi Ishiguro
Katsuhiro Hirata
Masahiko Sakai
Ayabuya
Tetsuya Abe
Application Number:
JP2020553224A
Publication Date:
September 16, 2021
Filing Date:
October 16, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
National University Corporation Osaka University
International Classes:
F16H25/24; F16H49/00
Attorney, Agent or Firm:
Tachibana Kenji
Tsuyoshi Masuda