Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Disc saw cutting machine
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6270297
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】機械設計の自由度や工場レイアウトの自由度を損なうことなく鋸刃の自動交換を可能にする。【解決手段】丸鋸切断機1は、切断機本体10、多関節ロボット60、刃物ストッカー70を備える。丸鋸5は、ピン挿通穴5bに対してピン33,51が挿通された状態で、刃物クランプシリンダCYL21により、主軸の前端面32と刃物押さえ金具50との間に挟まれる様に固定される。丸鋸5の取り外しに当たっては、刃物クランプシリンダCYL21をアンクランプとする様に油圧を切り替えることにより、刃物押さえ金具50を主軸21から抜き取り可能な状態とする。多関節ロボット60による刃物交換の際には、主軸停止位置検出センサSE10が検出する回転角度に基づいて、主軸モータM11及びブレーキ25を制御して主軸21を所定の原点角度状態にて停止させる。【選択図】 図3

Inventors:
西島 豊
Application Number:
JP2017000898A
Publication Date:
January 31, 2018
Filing Date:
January 06, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
西島株式会社
International Classes:
B23D61/10; B23D47/00; B23Q3/155; B23Q3/157; B25J13/00; B27B5/32; B27B5/38
Domestic Patent References:
JP3184571U2013-07-04
JP2016530108A2016-09-29
JPS5148300B21976-12-20
JPH0751928A1995-02-28
JP3184571U2013-07-04
JP2016530108A2016-09-29
JPS5148300B21976-12-20
JPH0751928A1995-02-28
Attorney, Agent or Firm:
森 泰比古