Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
METHOD AND APPARATUS FOR TREATING WATER CONTAINING AMMONIA
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015155084
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】アンモニアと、ニッケルイオンなどのアンモニアと錯体を形成する金属イオンと、次亜リン酸などの還元性物質とを含む廃液を処理するに当たり、処理に使用する薬品量及び発生汚泥量を低減して、低コストで効率的な処理を行って、高水質の処理水を安定的に得る処理方法及び処理装置を提供する。【解決手段】アンモニアと、ニッケルイオンなどのアンモニアと錯体を形成する金属イオンと、次亜リン酸などの還元性物質とを含むアンモニア含有水を処理する方法において、該アンモニア含有水に過酸化水素を添加して還元性物質を酸化した後、反応液を曝気処理してアンモニアを除去し、次いで、鉄塩、アルミニウム塩、カルシウム塩、及び水酸化カルシウムよりなる群から選ばれる1種又は2種以上を添加して、pH7〜12の条件下に不溶化物を生成させ、生成した不溶化物を固液分離する。【選択図】なし

Inventors:
IZAWA SHUHEI
Application Number:
JP2014030803A
Publication Date:
August 27, 2015
Filing Date:
February 20, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
KURITA WATER IND LTD
International Classes:
C02F1/62; B01D19/00; C02F1/20; C02F1/58; C02F1/72; C02F9/00
Domestic Patent References:
JP2013010073A2013-01-17
JP2001009476A2001-01-16
JPS627491A1987-01-14
JP2013236983A2013-11-28
JP2005076103A2005-03-24
JPH0221995A1990-01-24
JP2007297662A2007-11-15
Attorney, Agent or Firm:
重野 剛