Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
A pulp fiber pretreatment system, a manufacture device of cellulose nanofiber, and a manufacturing method of cellulose nanofiber
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6243991
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】セルロースナノファイバーの製造に用いる装置を小型化することができるパルプ繊維前処理装置、セルロースナノファイバーの製造装置及びセルロースナノファイバーの製造方法を提供する。【解決手段】本発明は、セルロースナノファイバーの製造の際のパルプ繊維の前処理装置であって、パルプ繊維を含むスラリーを貯留する原料貯留槽と、上記原料貯留槽から送られるスラリーを脱水する脱水機構と、上記脱水されたスラリーを加熱する加熱機構と、上記加熱されたスラリーに酸化剤、酵素及び酸の少なくとも一つを選択して混合する混合機構と、上記混合されたスラリー中のパルプ繊維の酸化反応及び加水分解反応の少なくとも一つを進行させる反応槽と、上記反応槽で処理されたスラリーを上記原料貯留槽に送るパルプ繊維洗浄用配管とを備えることを特徴とする。【選択図】図1

Inventors:
Youichi Sugawara
Seiichiro Matsumoto
Toshihiro Iwai
Application Number:
JP2016210710A
Publication Date:
December 06, 2017
Filing Date:
October 27, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Daio Paper Co., Ltd.
International Classes:
D21H23/20; D01F2/00; D06M11/00; D06M16/00; D21H23/70
Domestic Patent References:
JP2016069536A2016-05-09
JP2014167047A2014-09-11
JP2015533952A2015-11-26
JP2007275889A2007-10-25
JP2014114451A2014-06-26
JPH07136383A1995-05-30
JP2016529377A2016-09-23
JP2014240497A2014-12-25
JP2013531749A2013-08-08
JP2010539301A2010-12-16
Foreign References:
US20140083633A12014-03-27
WO2016072334A12016-05-12
WO2016047764A12016-03-31
Attorney, Agent or Firm:
Hajime Amano
Fujimoto Katsune
Yoshinori Ikeda
Hiroshi Ogawa
Koji Ishida
Kenichi Fujinaka



 
Previous Patent: Reset circuit

Next Patent: JPS6243992