Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ブレーキ装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019173952
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】例えば、より小型化することが可能となるなど、より不都合の少ない新規な構成のブレーキ装置を得る。【解決手段】ブレーキ装置の運動変換機構は、回転部材と、回転部材の回転に伴って直動する直動部材と、を含む。回転部材は、第三ギヤを介して、回転駆動される。雄ねじと雌ねじとは、第三ギヤのブレーキシューとは反対側で互いに噛み合い、作動部材の一端が直動部材からブレーキシューを作動させる力を受け、他端がブレーキシューを作動させる。作動部材は、貫通孔内で延びた棒状部材を有した。【選択図】図5

Inventors:
小溝 陽平
明城 健一
Application Number:
JP2018065963A
Publication Date:
October 10, 2019
Filing Date:
March 29, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社アドヴィックス
International Classes:
F16D65/28; B60T13/74; F16C1/26; F16D51/22; F16H25/20; H02K7/06; H02K7/116
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人酒井国際特許事務所



 
Previous Patent: ブレーキ装置

Next Patent: 遠心圧縮機