Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ROLLING METHOD
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016132001
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】外周面にねじ山を有する可動丸ダイスの長寿命化を図ることが可能な転造加工方法を提供する。【解決手段】本発明は、外周面にねじ山22を有する回転可能な一対の丸ダイスを備え、一対の丸ダイスのうち少なくとも一方が被加工物に対する位置が可変な可動丸ダイスである転造加工装置を用い、被加工物に対して可動丸ダイスを回転させながら押し付けることにより、被加工物に対して転造加工を行う転造加工方法に関する。可動丸ダイスにおいて、ねじ山の一部22Xの頂部23Xの曲率半径をねじ山の他部22Yの頂部23Yの曲率半径よりも相対的に大きくし、頂部の曲率半径が相対的に大きいねじ山の一部22Xを、被加工物30に対して最初に接触させる。【選択図】図2

Inventors:
MORIMOTO YOSHIFUMI
Application Number:
JP2015008114A
Publication Date:
July 25, 2016
Filing Date:
January 19, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA MOTOR CORP
International Classes:
B21H3/04
Attorney, Agent or Firm:
家入 健