Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
WASHING MACHINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016168097
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】外殻の大型化はせずに洗濯容量を大きくでき、しかも水槽と回転槽との間の隙間を確保できて安全性を確保することを可能とする。【解決手段】有底円筒状をなす水槽本体の開口部側に水槽カバーを連結して構成される水槽と、水槽内に底部の回転軸を中心に回転可能に収容され円筒状をなす胴体の開口部側の端部に環状のバランスリングが設けられた回転槽と、を備え、回転槽の回転時に当該回転槽は回転軸から離れたバランスリング側が傾斜する。水槽は、水槽本体と水槽カバーの繋ぎ目付近の内径が他の部分より大きく形成されている。回転槽の胴体は、外径がバランスリングの外径より大きい径大部を有するとともに、その径大部からバランスリングとの連結部分に向けて外径が小さくなるように変化する外径変化部を有している。胴体にあって外径が最大となる前記径大部から前記外径変化部に変わる起点部が、水槽本体と水槽カバーの繋ぎ目付近に対応する位置に配置されている。【選択図】図2

Inventors:
IKEDA YASUO
KUNO KOJI
SHIIBASHI SADATO
CHONO YUTA
Application Number:
JP2015048306A
Publication Date:
September 23, 2016
Filing Date:
March 11, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOSHIBA LIFESTYLE PRODUCTS & SERVICES CORP
International Classes:
D06F37/04
Domestic Patent References:
JP2010057788A2010-03-18
JP2007167263A2007-07-05
JP2013070832A2013-04-22
JP2007054351A2007-03-08
JP2000325688A2000-11-28
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人 サトー国際特許事務所