Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
加工済み植物性脂肪の分離方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2015532931
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、加工済み植物性脂肪(PVF)を分離するための方法であって、蒸留ステップ(DIS)において前記加工済み植物性脂肪(PVF)を蒸留してステアリン酸およびオレイン酸および/またはそれらのエステルを含んでなる蒸留部(DPT)と蒸留済み植物性脂肪(DVF)にするステップ、第1分画ステップ(DFR)において前記蒸留済み植物性脂肪(DVF)をトリステアレートトリグリセリド(StStSt、式中、Stはステアリン酸である)およびジステアレートジグリセリド(StSt)に富む第1高融点画分(FHF)と第1低融点画分(FLF)に分画するステップ、および第2分画ステップにおいて溶媒分画処理(SFR)中に前記第1低融点画分(FLF)を1,3−ジステアリル−2−オレイル−トリグリセリド(StOSt、式中、Oはオレイン酸である)に富む第2高融点画分(SHF)と1−ステアリル−2,3−ジオレイル−トリグリセリド(StOO)およびトリオレエート−トリグリセリド(OOO)に富む第2低融点画分(SLF)に分画するステップを含んでなる前記方法に関する。本発明はさらにそのような方法から得られる植物性脂肪製品に関する。

Inventors:
ラスムス、レス、ミラー
モーエンス、バック
Application Number:
JP2015530298A
Publication Date:
November 16, 2015
Filing Date:
September 07, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
AAK AB
International Classes:
C11B7/00; A23D9/04
Domestic Patent References:
JP2010209153A2010-09-24
JPS6261589A1987-03-18
Foreign References:
WO2009031680A12009-03-12
WO2014034601A12014-03-06
Attorney, Agent or Firm:
勝沼 宏仁
中村 行孝
浅野 真理
反町 洋