Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
自動車のクラッチの実圧力を調整する方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018500513
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、自動車(2)の液圧クラッチ(1)の実圧力(14)を調整する方法に関し、少なくとも続けて実行されるイ)クラッチシリンダ(7)内に所望の圧力(13)を存在させるために値(12)を与えるステップと、ロ)所望の圧力(13)に到達するために前記クラッチシリンダ(7)を作動液(9)で満たすステップと、ハ)所望の圧力(13)が0と7バールの間の場合、クラッチシリンダ(7)内の実圧力(14)をポンプ(6)または電動モータ(25)の回転速度(15)を調整することによって調節するステップと、所望の圧力(13)が7バールを超える場合に、クラッチシリンダ(7)内の実圧力(14)は電動モータ(25)のモータ電流(16)を調整することによって調節するステップと、二)実圧力(14)を所望の圧力(13)に達するまで調整するステップとを含んでいる。【選択図】 図1

Inventors:
ランガンキ,アンドレアス
ファン,カック アン
Application Number:
JP2017527811A
Publication Date:
January 11, 2018
Filing Date:
November 19, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ジーケーエヌ オートモーティブ リミテッド
International Classes:
F16D25/0638; F16D48/02; F16D48/06
Domestic Patent References:
JP2008232368A2008-10-02
JP2001206092A2001-07-31
JP2009074630A2009-04-09
Foreign References:
US20120031725A12012-02-09
Attorney, Agent or Firm:
一色国際特許業務法人