Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
エタンの塩素化脱水素方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018511657
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、低沸点金属塩化物をC2H6と混合反応させて、低沸点金属塩化物を液状の低融点金属に還元し、C2H6の塩素化脱水素後に、HCl、C2H6、C2H4、C2H2及びC2H3Clを含有する混合ガスを取得するエタンの塩素化脱水素方法に関する。当該方法は、低沸点金属塩化物を塩素化脱水素原料とし、反応生成された低融点金属を中間媒体とするため、技術的に容易で低コストであり、且つ収率が高いとの特徴を有する。また、生成の必要性に応じてエタンと塩化物の成分比率を制御すれば、エチレンの生成と同時にアセチレンとクロロエチレンを一部副生可能となる。【選択図】 なし

Inventors:
bell Kei light
Liu Star
Liu Yukihana
Application Number:
JP2018502312A
Publication Date:
April 26, 2018
Filing Date:
May 13, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Xia Gate
International Classes:
C07C17/25; B01J23/14; B01J23/18; C07C17/10; C07C21/06
Domestic Patent References:
JPS4737601B1
JPS4735406B1
JPS5083303A1975-07-05
JPS61225141A1986-10-06
Foreign References:
CN104529688A2015-04-22
Attorney, Agent or Firm:
Yamazaki Yuzo
Toshiaki Akamatsu
Tadao Naito
Chihiro Imai