Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
抑うつ症状を治療又は予防するための、ビフィドバクテリウム・ロンガムを用いる、方法及び組成物
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018525390
Kind Code:
A
Abstract:
組成物及び方法は、抑うつ症状を治療又は予防するために、ビフィドバクテリウム・ロンガムNCC3001(ATCC BAA−999)を使用する。持続的な抗うつ効果は、組成物の投与が終了した後まで継続し得る。治療又は予防し得る抑うつ症状の非限定例としては、憂うつな気分、悲しみ、不安、「空虚」感、関心又は楽しみの喪失、易怒性、情動不安、食欲又は体重の変化、睡眠障害、エネルギー不足又はエネルギーの低下、無気力、罪悪感、無力感、怒り及び敵対心、思考困難、集中困難、又は決断困難、絶望感、疲労感、倦怠感、記憶障害、涙ぐむ、気が滅入る、恐怖症、身体的健康に対する過剰な心配、性機能障害、治療に応答しない持続的な身体症状、並びにこれらの組み合わせが挙げられる。これらの抑うつ症状は、抑うつ状態若しくは抑うつ障害と関連付けられる場合もあり、若しくは潜在的なものとして観察される場合もあり、又はこれらの抑うつ状態/抑うつ障害とは関連付けられない場合(例えば、症候群又は精神疾患の一部としては見なされない場合)もある。【選択図】 なし

Inventors:
Bargonzelli De Gonda, Gabriella
Arves Noons, Tiago
Marquardt, Valerie
Schmidt, Jorn, Antonius, Johannes
Application Number:
JP2018506886A
Publication Date:
September 06, 2018
Filing Date:
August 31, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Nestec Society Anonymous
International Classes:
A61K35/745; A23L33/135; A61K31/70; A61K31/702; A61K38/02; A61P1/14; A61P3/02; A61P3/04; A61P15/00; A61P15/10; A61P25/18; A61P25/20; A61P25/22; A61P25/24; A61P25/26; A61P43/00
Attorney, Agent or Firm:
Yoshiki Hasegawa
Ikeda adult
Junichiro Sakamaki
Tosuke Yosuke
Kinno Watanabe