Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
チャネル特有の調整可能性を有するマルチ開口撮像装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2018533751
Kind Code:
A
Abstract:
それぞれの光チャネルのイメージセンサ領域の間の相対的な位置をチャネル特有に変化させるための調整手段を用いて互いに隣接して配置された光チャネルの単一ラインアレイを有するマルチ開口撮像装置を提供し、それぞれの光チャネルの光学系およびそれぞれのチャネルのビーム偏向装置の間の相対位置をチャネル特有に変更するための調整手段、または光路を偏向させることに関するビーム偏向装置の光学特性デフォルト値が記憶された記憶装置および/または調整装置をチャネル特有に制御するためにセンサデータをデフォルト値に変換するためのコントローラを使用して、例えば、マルチチャネルの製造公差に対する要求を低減する。温度変化に対する位置及び形状の不変性に関してマルチアパーチャ撮像装置への要求及び/又はマルチアパーチャ撮像装置に対する要求に応じて、この手順によって伴う追加の複雑さが再び補償される。

Inventors:
Wipperman Frank
Bruckner Andreas
Braoia andreas
Ober del star alexander
Application Number:
JP2018509495A
Publication Date:
November 15, 2018
Filing Date:
August 18, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Fraunhofer-Gesellschaftsza Felderung der Angewanten Vorschung A. Fao
International Classes:
G03B5/00; G02B7/04; G02B7/182; G02B7/28; G03B13/36; G03B15/00; G03B19/07; H04N5/225
Domestic Patent References:
JP2016540417A2016-12-22
JP2008180773A2008-08-07
JPS60151603A1985-08-09
JP2002171430A2002-06-14
JP2014060621A2014-04-03
JP2002060621A2002-02-26
Foreign References:
US20150109468A12015-04-23
Attorney, Agent or Firm:
Okada
Hajime Ogiya