Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
減衰ホットメルト組成物
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019501983
Kind Code:
A
Abstract:
本発明は、制振材、好ましくは消音材として適当な組成物であって、i)少なくとも1種のポリ−α−オレフィン、ii)少なくとも1種のエラストマー性スチレン系コポリマー、iii)エチレンビニルアセテート(EVA)、エチレンアクリル酸(EAA)、アルキルアクリレート、アルキルメチルアクリレート(EMA)、エチレン2−エチルヘキシルアクリレート(EEHA)又はそれらの組み合わせから選択される190℃/2.16kgでメルトインデックス50〜5000を有する少なくとも1種の熱可塑性ポリマー、及び任意に、iv)好ましくはフィラー、安定剤、着色剤、顔料、ワックス、i)〜iii)と異なるポリマー、水分捕捉剤、又はそれらの組み合わせから選択される少なくとも1種の添加剤を含む、ホットメルト組成物に関する。更に、本発明は、本発明のホットメルト組成物を含む制振材、好ましくは消音材、製品に関し、制振材、好ましくは消音材における本発明のホットメルト組成物の使用に関する。

Inventors:
Bai Singh
Low Ye-Guan
Chen Chi
Application Number:
JP2018521835A
Publication Date:
January 24, 2019
Filing Date:
October 30, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Henkel AG & Co. KGaA
International Classes:
C09K3/00; F16F15/02; G10K11/16; G10K11/162
Attorney, Agent or Firm:
Michiko Matsutani
Kenichi Morizumi