Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
FeCrAl合金チューブを伸展させるための方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2021508600
Kind Code:
A
Abstract:
本開示は、フェライトFeCrAl合金を含むチューブを伸展させるための方法に関する。フェライトFeCrAl合金の中空の冷間加工に関する課題の一つの原因は、FeCrAl合金の延性が低いことである。FeCrAl合金のチューブが、中空をチューブに冷間加工することによって得られる場合でさえ、チューブは伸展することがほとんどできない。このことは、得られたチューブが焼鈍される場合にさらにより問題であり、ここで焼鈍はチューブの縦軸に沿ってチューブの変形をもたらす。したがって、フェライトFeCrAl合金を含むチューブを伸展させるための方法が必要である。よって、本開示によれば、チューブを伸展させるための方法であって、FeCrAl合金を含むチューブを提供する工程、チューブを加熱する工程、及び加熱されたチューブを伸張により伸展及び形成する工程を含む、方法が提案される。【選択図】図1

Inventors:
La Ve, Fernando
Wickman, christer
Frobese, Thomas
Application Number:
JP2020535548A
Publication Date:
March 11, 2021
Filing Date:
December 21, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Sandvik Intellectual Property Actie Borag
International Classes:
B21C1/00; B21B19/10; B21C9/00; C21D8/10; C22C38/00; C22C38/18
Domestic Patent References:
JPS5578484A1980-06-13
JPH0499821A1992-03-31
JPH06226348A1994-08-16
JPH0776728A1995-03-20
JPH09228008A1997-09-02
JP2007524001A2007-08-23
Foreign References:
GB1035013A1966-07-06
CN101637789A2010-02-03
CN106319369A2017-01-11
Attorney, Agent or Firm:
Sonoda/Kobayashi Patent Business Corporation