Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
付加製造用の生体吸収型樹脂
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2022548672
Kind Code:
A
Abstract:
(a)ボトムアップおよびトップダウンのステレオリソグラフィーなどの付加製造技法において使用するのに適し、(b)生体吸収性である物体を製造し、(c)(好ましくは25℃の少なくとも典型的な室温で、幾つかの実施形態において37℃の典型的な人体温度で)可撓性または弾性である物体を製造する樹脂が、本発明の態様に従って本明細書において提供される。そのような樹脂は、(a)反応性末端基を有する生体吸収性ポリエステルオリゴマー;(b)非反応性希釈剤;(c)任意選択的に、反応性希釈剤;および(d)光開始剤を含んでもよい。

Inventors:
Gu, Shinyu
Chen, Sharon
Policastro, Gina Michelle
Hopson, Peyton
Donners, Jackie
Wendley, Michael
Harris, Jason Ell.
Application Number:
JP2022517296A
Publication Date:
November 21, 2022
Filing Date:
September 16, 2020
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Carbon, incorporated
International Classes:
C08F299/04; B29C64/124; B29C64/314; B33Y10/00; B33Y70/00; B33Y80/00; C08G63/00; C08G81/00
Attorney, Agent or Firm:
Okuyama Shoichi
Nakamura Ayako
Soji Morimoto
Yu Tanaka
Akiko Mizushima
Kohei Arihara