Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ハンガーの構造
Document Type and Number:
Japanese Patent JP3198974
Kind Code:
U
Abstract:
【課題】ハンガーの構造を提供する。【解決手段】主に一つのハングフック1、一組の接続ブロック2、二本のハンガー棒3、4及び一つのスイング部品5で構成する。一つのハングフックに一つの穴を設ける。一つの接続ブロックはハングフックを通し、且つそこで上下に変位することができる。接続ブロックに二つの枢接穴22、23を設けて二本のハンガー棒を通すことで、二本のハンガー棒はそれぞれハングフックの両サイドに位置する。スイング部品は二つのスイングブロック51、52を具有し、それぞれ二本のハンガー棒に枢接する。二つのスイングブロックの別端に一つの軸棒53を通し、且つハングフックの穴と組み合わせることで、二本のハンガー棒は二つのスイングブロックを介して連結することができる。ハングフックを中心に外向きに開く及び内側に収束する動作を行うことができ、素早く衣服を乾かす及び便利に収納できる。【選択図】図1

Inventors:
鄭 陽明
Application Number:
JP2015002468U
Publication Date:
July 30, 2015
Filing Date:
May 20, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
鄭 宇傑
International Classes:
D06F57/00
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人太田特許事務所