Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
粉砕機の回転送り部の押力切替機構、それを備えた粉砕機及び粉砕機の回転送り部の押力切替方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6487610
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】樹木等の被粉砕物が粉砕部に詰まったときの被粉砕物の取り出しが容易にできるようにした粉砕機の回転送り部の押力切替機構を提供する。【解決手段】押力切替機構4は、被粉砕物を押さえて粉砕部へ送る送り歯ローラー33と、思案点を備え、思案点を境界とする二方向へ動作可能で、一方のロック方向側では固定端となり、他方のフリー方向側では自由端となり、各方向の収まり状態における位置が異なるフックピン403を有する思案部材40と、アーム盤30と思案部材40のフックピン403との間に掛けられ、思案部材40を上記二方向へ動作させ、思案部材40のロック方向側への動作で固定端となることにより、送り歯ローラー33に底板210方向への押力を付与する引っ張りバネ42と、思案部材40に作用して、思案部材40を思案点を境界とする二方向に切り替える押力切替レバー49とを備える。

Inventors:
Shinichi Shibara
Application Number:
JP2018548471A
Publication Date:
March 20, 2019
Filing Date:
February 09, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Ohashi Co., Ltd.
International Classes:
B27L11/00; B02C18/14; B02C18/22
Domestic Patent References:
JP2009184328A2009-08-20
JP55039897U
JP56083005U
JP64046205U
JP63066457U
JP63055840U
JPS6446205U1989-03-22
JPS6366457U1988-05-02
JPS6355840U1988-04-14
JPS5683005U1981-07-04
JPS5539897U1980-03-14
Foreign References:
US5060873A1991-10-29
Attorney, Agent or Firm:
Shuichiro Ariyoshi
Morita Yasuyuki
Tsutsui Nobuyoshi
Satoko Endo
Keita Kajiwara



 
Previous Patent: 点眼剤

Next Patent: PRODUCTION OF MODIFIED OLEFIN