Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
流量制御弁
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016140079
Kind Code:
A1
Abstract:
ハウジング(1)と該ハウジング(1)内に回転可能に支持される弁体(3)との径方向間に、弁体(3)の外周面に摺接することでハウジング(1)と弁体(3)との径方向間を気密にシールするシール部材(S1〜S3)を備えた流量制御弁(CV)において、シール摺接部(D1〜D3)の外周面であるシール摺接面よりも低く窪む凹状の段差部(N1,N2)を設け、該段差部(N1,N2)内にパーティングライン(P1,P2)を設けたことで、シール部材(S1〜S3)のシール面(S1a〜S3a)がパーティングライン(P1,P2)を通過する際の該パーティングライン(P1,P2)との摺接によるシール面(S1a〜S3a)の損傷を抑制することができる。

More Like This:
Inventors:
Shingo Murakami
Application Number:
JP2017503416A
Publication Date:
October 05, 2017
Filing Date:
February 19, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Hitachi Automotive Systems, Ltd.
International Classes:
F16K11/076; F01P7/16; F16K11/087
Domestic Patent References:
JP2000130610A2000-05-12
JPH0828725A1996-02-02
JPH01206169A1989-08-18
JP2014148126A2014-08-21
JP2016023704A2016-02-08
Attorney, Agent or Firm:
Hiromichi Kobayashi
Tomioka Kiyoshi